腸活

赤ちゃん

腸内細菌と免疫細胞|元気の源は腸だった

投稿日:2018年3月27日 更新日:

NHKスペシャル「シリーズ人体・腸」の回。

腸が全身の免疫機能を司っている
全身の約7割の免疫細胞が腸内に存在する

腸は、栄養分や水分を消化・吸収するだけの器官ではありません。 全身の免疫機能を一手に引き受けている大変な臓器だったのです。
7割といえば、<免疫細胞はほぼ腸にある>と言っても過言ではない数字。

番組内では、免疫細胞が腸内細菌叢(腸内細菌の集まり)と密接にコンタクトを取りあって
私たちのカラダを守ってくれていることを紹介していました。

腸内細菌叢

腸内細菌叢は腸内フローラとも呼ばれます。それは、たくさんの種類・数の細菌が、まるで植物が群生しているお花畑のように見えるから。

厚労省が運営している【e-ヘルスネット】によれば、腸内に生息している細菌は 約100種類、その数なんと100兆個!総重量は1~2kgといわれています。

腸内細菌のイラスト

腸内細菌は大きく分けて3種類

善玉菌 免疫力を高める
悪玉菌の増殖を抑える
腸の働きを活発にする
悪玉菌 有毒な物質・発がん性物質を作り出す
免疫力を低下させる
日和見菌(ひよりみきん) 善玉でも悪玉でもない菌
悪玉が優勢だと悪玉の味方になる

大切なのは腸内細菌のバランスです。
理想的な善玉菌:悪玉菌:日和見菌の割合は2:1:7といわれています。

つまり、

腸内細菌の黄金比をKEEP

免疫細胞と腸内細菌のコミュニケーションGOOD

病気知らずの元気なカラダGET

というわけです。
善玉菌の代表といえば「乳酸菌」と「ビフィズス菌」。

乳酸菌とは?

ヒトや動物の大腸のほか、土、植物、海、あらゆるところに存在しています。ブドウ糖やオリゴ糖などの糖類を分解し、発酵によって乳酸を作ります。

ヨーグルトやチーズなどの乳製品、味噌や醤油、納豆などの食品は乳酸菌を利用して作られています。
納豆これらの食品がもつ独特の風味、また、雑菌の繁殖を抑え保存性を高めてくれるのは乳酸菌の働きによるものです。

腸内では悪玉菌の繁殖を抑え、腸内細菌のバランスを保つ働きをするほか、コレステロールを低下させる、免疫力を高めるほか、がんの予防まで、実にさまざまな働きが注目されています。

ビフィズス菌とは?

主にヒトや動物の腸内に存在する善玉菌です。
乳酸を作り出すという意味で、乳酸菌の一種といえますが、乳酸のほかに酢酸を作ります。

酢酸は強い殺菌力があり、病原菌の感染を防いだり、酸性を嫌う悪玉菌の増殖を抑えたりするほか、腸の粘膜を保護する効果があります。

ヨーグルト腸内のビフィズス菌を増やすためには、栄養源となるオリゴ糖を一緒に摂ると
良いとされています。

まとめ

生まれたばかりの赤ちゃんの腸は無菌状態、
授乳期の赤ちゃんの腸内細菌では、約9割が善玉菌です。
離乳期になると悪玉菌が増え始め、通常の食事を摂るようになると
大人と同じような腸内細菌のバランスになっていきます。

そして高齢になると善玉菌はさらに減少します。
感染症に弱くなったり、さまざまな病気にかかりやすくなったりするのは、
免疫力の低下が原因です。

驚くことに、欧米では「便の移植」という治療の研究がすすんでいます。
便の移植、つまりは腸内細菌の移植です。腸内環境の問題で起こる一部の病気に対して
健康な人の腸内細菌を移植することで病気が完治するというのです
(日本でも一部の医療機関では実施されています)。

今後もますます注目を集めるであろう腸内細菌

年齢とともに減少していくといわれる善玉菌を維持できるように、
食生活を含めた生活習慣の見直し、ストレス解消のための時間をつくるなど、
まずはできることから始めましょう。

-腸活


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

女性の腹部(小)

腸内環境を整える|腸内フローラのためにできること

「善玉菌の代表」ともいえる、乳酸菌やビフィズス菌。 腸内環境を整えるため、これらが含まれる納豆やキムチなどの発酵食品、 あるいはヨーグルトや乳酸菌飲料などを食事の中に積極的に取り入れている人も多いはず …

sayuri

管理人のSAYURIです

好きなモノ:グミとタケノコと海外ドラマ
愛してやまないもの:愛犬はっぴい

同世代の皆さまに
美と健康に関する情報をお届けしたい一心で
当サイト運営中

管理人から